てく旅のしおり

京都をメインにした大好きなてくてく旅の記録です。

田中神社

どうも~☆

 

ねじりです( ´ ▽ ` )🍀

 

今日は、アレがいる「田中神社」に行ってみましょう‼︎

さて、アレとはなんでしょう〜?

答えは…

 ブログの中に‼︎‼︎(そりゃそうだ)

はい、ではスタートです( ◠‿◠ )♡

 

田中神社は京都市左京区にあります。

まずは叡電元田中駅へ〜

f:id:koalac:20200202123821j:plain

こちらは「田中里ノ前」交差点です。

写真中央に見える道を進んでいきます。

f:id:koalac:20200202123845j:plain

少し歩くと左側に田中神社が登場‼︎

f:id:koalac:20200202123126j:plain

田中神社は元田中駅から徒歩数分という距離にあり、訪れやすい場所だと思います。

 

入り口に田中神社についての説明書がありました。

f:id:koalac:20200202123148j:plain

田中神社は、旧田中村の産土神(うぶすながみ)として崇敬されてきたそうです。

創建等については、詳細は不明みたいですね。

ただし、「日本三代実録」中にある貞観5年(863年)「田中神」というのが、この田中神社であるといわれているそうです。

つまりこのことから、田中神社は平安時代には既にあったと。

歴史が古いということがわかりますね。

 

大国主大神」を主祭神とし、四つの摂社にはそれぞれ、稲田姫大神・事代主大神・倉稲魂大神猿田彦大神が祀られているそうです。

 

少し進むと、中央に石橋がありました。

f:id:koalac:20200202123213j:plain

写真の石橋奥に背の低い木が見えると思いますが、こちらは榊(さかき)で、この榊が植えてある場所が旧社殿跡だそうです。

表参道の真ん中に、石橋と旧社殿跡が並んでいるんですね。

 

右側には手水舎。

f:id:koalac:20200202123251j:plain

 

反対側の建物には

f:id:koalac:20200219171500j:plain

ここにも同じく田中神社の説明書が。

f:id:koalac:20200202123228j:plain

最初にご紹介した入り口の所の説明書が見えにくい方は、こちらの方が見やすくていいかもしれません( ◠‿◠ )

 

では正面から入ります。

f:id:koalac:20200202123314j:plain

このまま進んで、まずは本殿の方へ向かいたいところですが。

この鳥居をくぐるとすぐ左側に、先程から言っていた「アレ」が登場するんです……

それがこちら‼︎

f:id:koalac:20200202123411j:plain

f:id:koalac:20200219171521j:plain

そう‼︎‼︎

「アレ」とはこの子たちのこと。

「孔雀」なんです〜(*⁰▿⁰*)♡

f:id:koalac:20200207171400j:plain

色はもちろんのこと、その姿形がとっても美しいですね✨

f:id:koalac:20200207171348j:plain
このことを知らずに初めて来た時は、本当にびっくりしました(´∀`; )💦

こんなお出迎え、普通ありませんよね⁉︎

ゆっくりと近づいてみましたが、とても大人しかったですよ♡

堂々としていて、なんて凛々しいのでしょう✨

その美しい姿に、しばらく見入っちゃいました( ◠‿◠ )☆

 

f:id:koalac:20200207171439j:plain

そして、そこから奥へ進みご挨拶を。

f:id:koalac:20200202123502j:plain

こちらが拝所になります。

f:id:koalac:20200202123529j:plain

この中には本殿と摂社があります。

 

そして、向かって右側に、朱色の鳥居が並んでいる場所が。

f:id:koalac:20200202123555j:plain

鳥居をくぐると、

f:id:koalac:20200202123618j:plain

田中神社の末社「玉柳稲荷神社」がありました。

こちらには、倉稲魂神(うかのみたまのかみ)お祀りしています。

先程の説明書によると、もともとここにあったわけではなく、氏子(氏神が守ってくれる地域に生まれた子)の要望で談合の森(現在の叡山電鉄茶山駅周辺)からこちらに移されたそうです。

以前稲荷社があった森自体は今はもう存在しませんが、時代が進み地域がどんどん変わっていく中でも、信仰心の厚い地域住民によって稲荷社はちゃんとこちらに遷座されたんですね。

地域の方々の強い想いが伝わってきます。

 

f:id:koalac:20200202123434j:plain

こちらが社務所です。

f:id:koalac:20200207171421j:plain

手前にこんなものが置いてありました。

f:id:koalac:20200202123637j:plain

なんだこれ…(°▽°)⁉︎

この正体は一体…?

よく見ると何かの卵かな??

f:id:koalac:20200202123657j:plain

どうやらこれはおみくじのようで、「くじゃくみくじ」というそうです。

調べてみると、これは孔雀の卵をイメージしており、中にはおみくじと一緒に折り紙で折られた孔雀が入っているとか‼︎

( ´ ▽ ` )素敵♡♡

やはりあの子たちに因んででしょうか?

これはほんと珍しいですね〜🎶

ちなみに、折り紙で折られた孔雀は様々な色が用意されているらしい‼︎

もちろんおみくじの内容も大切ですが、何色の孔雀が入っているかというのも気になるところですねぇ(*⁰▿⁰*)✨

自分の好きな色が当たったら、より嬉しくなりますよね♡

 

あと、社務所の隣には「伊勢神宮遥拝所」がありました。

f:id:koalac:20200202123717j:plain

f:id:koalac:20200202123739j:plain

さて、ゆっくり堪能できたのでそろそろ帰ろうかな。

 

少し暗くなってくると境内に灯りがともり、こんな素敵な雰囲気に。

f:id:koalac:20200219171551j:plain

 

帰りは神社の裏からでてみました↓

f:id:koalac:20200202123801j:plain

ちなみに、裏から出ると元田中駅はすぐでした。

 

田中神社に行った感想としては、表の入り口は道路に面してはいるものの、住宅地いうこともありとても静かだなと思いました。

そして、想像以上に境内が広かった‼︎

 

また、田中神社へ行くと参拝されている方によく出会うのですが、観光客という感じではないので恐らく地元の方々だと思われます。

かわるがわる参拝にくる姿を見ていると、田中神社は本当に地元の方々に親しまれている神社なのだなぁと、実感。

地元に愛されているという感じがすごく伝わってくる神社でした(*´∀`*)

 

でも、神社に孔雀がいるなんてほんと珍しいですよね‼︎‼︎

なんだかとってもラッキーな気分🎶

あの子たちに逢いたい方は、ぜひ田中神社へお越し下さい( ´ ▽ ` )ノ

 

最後に叡電の写真も少し♡

f:id:koalac:20200207172218j:plain

f:id:koalac:20200207172324j:plain

f:id:koalac:20200207172401j:plain

f:id:koalac:20200207172410j:plain

出町柳駅のホームもおしゃれ☆

 

 

じゃあ今日はここまで‼︎

 

ではまた〜( ´ ▽ ` )🍀