てく旅のしおり

京都をメインにした大好きなてくてく旅の記録です。

蓮華寺

どうも~☆

 

ねじりです( ´ ▽ ` )🍀

 

今日は蓮華寺(れんげじ)」を一緒に見て回りたいと思います♡

こちら実は、前からずーっと行きたいと思っていた場所なのです‼︎‼︎

理由は…

「静かにのんびりと緑の美しさを堪能したいから✨」

 

以前蓮華寺のお庭の写真を見てからというもの、ずっと気になっていたんです‼︎

またまたお庭のお話になってしまいますが、綺麗な緑の世界が好きなのでついつい…ね(笑)

では、蓮華寺による緑の美しい世界に、いざ潜入です(*⁰▿⁰*)‼︎‼︎

 

蓮華寺京都市左京区にあります。

京都バス「上橋(かんばし)」で下車すると蓮華寺の入り口はすぐ目の前です。

電車だと最寄駅は叡電三宅八幡駅」です。

ちなみに私は叡電に乗りたいが為に電車で行きました(笑)

三宅八幡駅からは徒歩10分という距離で、高野川沿いを歩いて行きます。

この途中の景色もすごく良くて、山と高野川の素敵な景色が見られますよ( ´▽`)♪

 

山門をくぐると、受付までは石畳の参道が続いています。

f:id:koalac:20200322124000j:plain

右側には「鐘楼堂」が見えます。

f:id:koalac:20200322132623j:plain

左側を見ると、すごい数です。「百体地蔵」というそうです。

f:id:koalac:20200322132654j:plain

右側にある鐘楼堂に近づいてみました。

f:id:koalac:20200322132725j:plain

f:id:koalac:20200322132848j:plain

f:id:koalac:20200322132749j:plain

緑と鐘楼を囲む木材の色合いが綺麗。

f:id:koalac:20200322132824j:plain

f:id:koalac:20200322123652j:plain

モミジが沢山あったので、これが染まる紅葉の季節もすごく良さそうです♡

蓮華寺の拝観時間が「朝9時〜17時」だったので、早めに出発して、この時は9時過ぎには到着しました。

なんと、ラッキーなことに私一人だけでした〜‼︎

頑張って早く来てよかった( ◠‿◠ )♡

 

そして、こちらがずっと楽しみにしていた目的のお庭「池泉回遊式庭園」です。

f:id:koalac:20200322141803j:plain

f:id:koalac:20200327203121j:plain

f:id:koalac:20200322141451j:plain

美しいです……来て良かった〜(>_<)‼

実は到着してから約20分程、私一人の貸切状態‼‼

こんな贅沢なことってあります( ゚Д゚)⁉

バンザーイ。ニヤニヤが止まりません(笑)

……………。(←お庭を眺めながらぼーっとしてました)

f:id:koalac:20200327202825j:plain
あ、でもその後三人程いらっしゃったので、貸切時間はもちろん終了…(=_=)

まぁさっきまであの空間を独り占めしてたんだから、贅沢言わないのっ‼︎と自分に言い聞かせて、その後も畳の上に座ってのんびりお庭を眺めていました🎶

 

では、その時の景色を様々な角度から見てみましょう☆

f:id:koalac:20200322141624j:plain

f:id:koalac:20200322142153j:plain

f:id:koalac:20200322141547j:plain

f:id:koalac:20200327203044j:plain

f:id:koalac:20200322140758j:plain

f:id:koalac:20200322141702j:plain

やっぱり「青もみじ」は最高ですね(>_<)‼

(ちなみに、庭園に出ての撮影は禁止されているのでそこからの写真はありません。)

 

どこから見ても絵になるなぁ。やっぱりいいなぁ…このお庭。

その後入れ替わりで一人来たのですが、その方もすぐに帰ったので、

なんとまたまた貸切状態に‼‼

し、幸せすぎる……(*´꒳`*)♡

静寂な中で、再び一人の時間をゆっくりと味わうことができました。

こーゆうときは何もせず、ただこの時間と空間を味わうことが一番ですね。

 

こんな感じで、あまりにも贅沢な時間を楽しみ過ぎてなかなか帰れず……

そんな私は、とうとう二時間程滞在したのでした(°▽°)‼(笑)

(すみません。ありがとうございました💦)

それほど良かった蓮華寺庭園は、実は作庭者がはっきりしていないそうです。

蓮華寺自体、創建年代についてよくわかっていないとのこと。

以前は八条塩小路(現在の京都駅附近)附近にあったのですが、応仁・文明の乱(1467~1477年)で消失してしまいました。

その後荒廃していたのを、寛文二年(1662年)加賀藩の家老「今枝近義」が、祖父・今枝重直の菩提を弔う為に現在のこの地に再興したそうです。

 

先程の作庭者の話ですが、候補として「石川丈山」の名が挙がっているのですが、作庭に関与していたことを証明する史料がないため特定することができていないという…

ただし、石川丈山蓮華寺を再興した今枝と親交があり、蓮華寺と深い関係があったことから作庭者の有力な候補として考えられているそうです。

 

この開け放たれた書院からのお庭の眺めは本当に最高です♡

自分以外誰もいないこの空間…すごく心が落ち着きます。

とても静かで、音といったら時折風がふいて木々が揺れる音や鳥の鳴き声。

「静寂に包まれる」って、こういうことをいうんだなぁ…( ´ ▽ ` )

 

入れ替わり人が来ても、みなさん静かにこの空間を楽しんでらっしゃったので、基本的にこちらは静かな印象でした( ´∀`)

(中学生以下の修学旅行など団体での見学はお断りしているそうです)

 

あと、書院からお庭に出られるようになっており、用意されてあるスリッパを履いて仏殿の所まで行けるようになっていました。

写真右側に見えるのがその「仏殿」です。

f:id:koalac:20200327202953j:plain

f:id:koalac:20200322140922j:plain

仏殿の周りには沢山の苔が生えていて、その苔の絨毯が太陽に照らされてキラキラと光るのがとても綺麗でした(*´∀`*)

また、池の周りにはもみじが沢山植えられており、秋の時期には紅葉と苔の緑とのコントラストが素敵だと思います✨

f:id:koalac:20200322123832j:plain

f:id:koalac:20200327202906j:plain

この苔の間を通る仏殿へ続く道の感じもすごく良いですよね♡

ここまで庭園を美しい状態を保つには、相当考えられて手入れをされているんだろうなぁと思います。

かといって、手入れをし過ぎると造り物っぽくなってしまうし、でも逆に手入れを怠るとこの美しさは出ないし…うーん、とっても難しそうです( ;∀;)‼

今更ではありますが、こんな素晴らしい空間を提供していただき、蓮華寺さんありがとうございます💦

あ、書院から外に出て仏殿へ行く途中からみるお庭もとても良かったですよ🎶

ここに来たら様々な角度からお庭を見るべし‼(撮影禁止場所には注意)

f:id:koalac:20200322123914j:plain

f:id:koalac:20200322140851j:plain

 

今回は蓮華寺の庭園に注目してみましたが、いかがだったでしょうか( ^∀^)

私個人としては、このしっとりとした雰囲気がとても好きでした♡

静けさの中で自然の音をゆっくり楽しみながら、考えられた手入れの行き届いた美しい庭園を眺める…

蓮華寺の素晴らしさをこのブログでうまく伝えられたかはわかりませんが、興味のある方はぜひぜひ( ◠‿◠ )

 

 

じゃあ今日はここまで‼

 

では~( ´ ▽ ` )🍀